Blog

宝在心

「木村経営ブレーン」グループは、北陸3県の中堅・中小企業、医療介護福祉機関のお客様に 税務会計業務・経営コンサルティングを提供しております。「木村経営ブレーン」グループが 社会のインフラとして必要な存在であり続けるにはどうしたら良いのか。 ブログを通じて日々の思考を綴っております。 私の学暦(学習暦)をご覧ください。

  • 人の成長に向けた仕掛けづくり

    2011.05.02

    中小機構北陸支部で窓口相談を担当しております。
    下記の問題と回答は、ある日の相談を簡易的にまとめたものです。。。
    「人の成長に関する仕組みづくり」につき、考えてみました。
    ≪質問≫
    事業承継を1年後に控えている後継者です。
    新体制の構築にあたり、どのような人事刷新をして問題解決すればよいでしょうか。
    ご教授頂きたい。
    ≪回答≫
    1.人の育成
    創業者からの事業承継にあたり、資本と人の引き継ぎがあります。
    資本について相続税の負担に留意すれば、引き継ぎは容易ですが、創業者に仕えた「分身」が後継者の「分身」となることは容易ではありません。人の引き継ぎは難しく、「人の成長に関する仕組み」を後継者自身が構築する必要性があります。
    2.仕組みづくり
    組織は個人の集合体です。個人の成長なしに組織の成長はありえませんが、個人の限界が組織の限界ではありません。
    皆、仕事の中に三つの領域を持っています。
    ①成熟業務領域
    十分にできている業務分野です。この分野は、自分の部下や後輩たちに引き継いでいくべき分野、又は効率化を進めていく領域です。
    ②中心業務
    今、自分にとって一番大切な仕事・中心的な業務分野です。この分野は自分にしか出来ない領域であり、まだまだ改善していくべき領域です。
    ③未開拓業務
    これからチャレンジするべき業務分野です。この分野を開拓していくことが、個人にとっての能力開発であり、上司・先輩から引き継いでいくべき領域です。
    ①~③を拡大することが、個人の能力アップの証であり、組織の成長の証です。
    しかし、③未開拓業務領域を開拓するためには、①成熟業務領域を減らしていかなければなりません。
    組織拡大には、上司が①成熟業務領域について部下を育成して任す必要があり、その余力で、③未開拓業務にチャレンジすることが「人の成長の仕掛けづくり」の基本的考え方です。

  • この記事へのコメントを書く



Contact

弊社へのご相談は

下記からお問い合わせください。

  • フォームでお問い合わせの場合
    お問い合わせフォーム
  • 電話でお問い合わせの場合
    TEL.076-260-1666 対応時間 平日09:00~17:30