Blog

宝在心

「木村経営ブレーン」グループは、北陸3県の中堅・中小企業、医療介護福祉機関のお客様に 税務会計業務・経営コンサルティングを提供しております。「木村経営ブレーン」グループが 社会のインフラとして必要な存在であり続けるにはどうしたら良いのか。 ブログを通じて日々の思考を綴っております。 私の学暦(学習暦)をご覧ください。

  • 医療・福祉・介護経営の視点で見た「平成26年度税制改正対応セミナー」

    2014.01.13

    今週、MMPG(医療福祉介護に特化した会計事務所集団)で学んだことです。
    2点あります。
    __.JPG
    ○学習
    「医療・介護・福祉の消費税」について学習。

    ○セミナー受講
    平成26年度税制改正対応セミナー「医療・福祉・介護経営の視点で見た・・・」

    1.既存建築物の耐震改修投資促進のための特例措置

    ⇒病院の耐震化率が低い現状あり。病院の投資促進の意味合いアリ。


    2.所得拡大促進税制の延長・拡大

    ⇒医療・福祉・介護業界は労働集約型。雇用促進税制との選択適用に留意。


    3.復興特別法人税の1年前倒し廃止

    ⇒個人に関する復興所得税は存続することから、法人成りのインセンティブに。なお、法人税率はグローバル化の進展で下がる傾向に。法人税は、消費税率が8%になった時点で、税収2位の地位を消費税に明け渡すことに。


    4.交際費等の損金不算入制度の見直し

    ⇒資本金が1億円を超える法人の不算入枠が拡大。持分の定めのない医療法人においても適用になる可能性あり。ご留意を。


    5.給与所得控除の見直し

    ⇒税収1位の大黒柱である所得税は、今後強化される。なお、公的年金控除・退職所得控除も増税の可能性あり。


    6.医業継続に係る相続税・贈与税等の納税猶予等の創設

    ⇒持分の定めのない医療法人が活用の前提となっている制度。私見ながら、持ち分有りでも活用できる制度が望ましい。

  • この記事へのコメントを書く



Contact

弊社へのご相談は

下記からお問い合わせください。

  • フォームでお問い合わせの場合
    お問い合わせフォーム
  • 電話でお問い合わせの場合
    TEL.076-260-1666 対応時間 平日09:00~17:30