Blog

遊魚動緑

  • 「ツキを呼ぶ魔法の言葉」<264>

    2014.09.05

    「ツキを呼ぶ魔法の言葉」<264>

    (9/5)

     

    140822_062858
    140822_062858

     

     

     

     

    8月25日、能美市根上総合文化会館で五日市剛さんの講演を聞いてきました。

    五日市さんは、1964年、岩手県二戸市生まれ。

    工学博士で、大手企業で新規事業および研究開発に従事し、その後自ら会社を興す。

    現在、新技術および新規事業の創出に関わっている。

    学生時代のイスラエル旅行の体験などを語った講演録「ツキを呼ぶ魔法の言葉」は120万部突破の大ベストセラーとなる。

    イスラエルのおばあさんとの対話を著書から引用しますと。

     

    (おばあさん)

    五日市さん、運命というのはね、あるのよ。

    私達の運命はね、最初からほとんど決まっていたのよ。

    僕は、その類の話にはあまり関心がないので、「まぁ、あるかもね」と相づちを打ちました。

    つづいて、

    (おばあさん)

    私、ユダヤ教徒の人間だけど、「生まれ変わり」を信じているの。過去世や来世というのはあると思うわ。

    このことについても、あまり関心がなかったので、「うん、あるかもね」

    すると、おばあさんは、

    (おばあさん)

    ツイてる、ツイてないという「ツキ」というのもあるのよ。

    と言うので「そりゃあ、あるんだろうね」と答えましたら、

    (おばあさん)

    そのツキというのはね、簡単に手に入るものなのよ。

    「えっ、どうしたら手に入るんですか」

    (おばあさん)

    ツキを呼び込む魔法の言葉があるのよ。

    これさえ唱えていれば、誰でもツキっ放しになるわよ。

    「本当?どんな言葉かな。難しい言葉?」と聞くと、

    (おばあさん)

    すご~く簡単で、単純な言葉よ。

    「何、なに?教えて下さいよ」

    (おばあさん)

    いいわよ。誰でもよく使う言葉なんだけと、二つあってね。一つは「ありがとう」、もう一つは「感謝します」、ねっ、簡単でしょ。

    「……月並みな言葉なんですね。どう使い分けするんですか?」

    (おばあさん)

    もちろん、どんな時でも使っていい言葉だけど。

    そぅねぇ、ある状況の時に、これらの言葉を使い分けたら効果的かもね。

    「ありがとう」という言葉は、何か嫌なことがあった時に使ったらどうかな。

    例えば、朝寝坊しちゃって、「わぁ~学校に遅刻する!」とか、「会社に遅れる!」なんて時、イライラするでしょ。

    そんな時、「イライラさせていただきありがとう」と言うの。

    車を運転中、事故っちゃった、そんな時も「ありがとう」。

    五日市さん、あなたの親が亡くなっても、歯をくいしばって「ありがとう」と言うのよ。

    どうしてかと言うとね。イヤな事が起こるとイヤな事を考えるでしょう。

    そうするとね、またイヤな事が起こるの。

    不幸は重なるというけど、それは、間違いなくこの世の法則なのよ。

    だけど、そこで「ありがとう」と言うとね、その不幸の鎖が断ち切れちゃうのよ。

    それだけではなく、逆に良いことが起こっちゃうの。

    「災い転じて福となす」という言葉があるでしょう。

    どんな不幸と思われる現象も、幸せと感じる状況に変えてくれる。

    絶対にね。だから、「ありがとう」という言葉はね、魔法の言葉なのよ……。

    漢字で書くと「有難う」、難があると書くから不思議ですね。

     

     

    そるから、もう一つの「感謝します」という言葉については、おばあさんは次のように言いました。

    (おばあさん)

    そうねぇ、何か良いことがあったら、「感謝します」と言ってみてはどうかな。

    例えば、明日、待ちに待った運動会。晴れてほしいなぁ~と思っていて、実際に晴れたら「感謝します。」

    そうそう、この言葉はとても便利でね。

    たとえ、まだ起こっていない未来のことでも、「明日、晴れました!晴れさせて頂き、感謝します」とか、「一週間後、○○に合格させて頂き、感謝します」とイメージしながら言い切っちゃうと、本当にそうなってしまうのよ。

    何の疑いも不安も心配もなく、力まずに自然とそう思い込めればね。

     

    そういえば、イスラエルのおばあさんは、かなり大事なことを言っていました。

    絶対、言ってはいけない言葉があるらしいのですね。

    これだけは言っては駄目!という言葉。

    (おばあさん)

    五日市さん、言ってはいけない言葉があるのよ。

    言っちゃうと、ツキがぶっ飛んじゃうの。

    「へぇ~、どんな言葉なんです?」

    (おばあさん)

    まずはね、汚い言葉。

    「てめ~」とか「死んじまえ」とか、「バカヤロー」、「クソッタレ一」とかね。

    そういう汚い言葉を平気で使う人というのはね。

    そういう人生を歩むのよ。

    だからきれいな言葉を使いなさい。

    (おばあさん)

    それからね、絶対に人の悪口を言っちゃダメよ、絶対ダメ。

    あなたが自分の部屋にポツンといる時でさえも、人の悪口を言っちゃダメ。

    それに、人を怒ってもツキは逃げて行っちゃうわ。

    怒れば怒るほど、あなたがせっかく積み重ねたツキがどんどんなくなっていくのよ。

    だから、ネガティブな言葉を使っちゃダメ。分かった?

    どんな言葉にもね、魂があるの。本当よ。

    だから、ねっ。

    きれいな言葉だけを使いましょ。

     

    五日市先生は講演の中で「幸福の条件」を三つ挙げられた。

    一、人との交わりを大切にすること。

    二、親切心と感謝心を常に持つこと。

    三、いまここに集中すること。

     

     

    写真……8/22鞍月パーク

  • この記事へのコメントを書く



Contact

弊社へのご相談は

下記からお問い合わせください。

  • フォームでお問い合わせの場合
    お問い合わせフォーム
  • 電話でお問い合わせの場合
    TEL.076-260-1666 対応時間 平日09:00~17:30