宝在心

  1. Top
  2. ブログ
  3. 死中に活路を見いだす

「木村経営ブレーン」グループは、北陸3県の中堅・中小企業、医療介護福祉機関のお客様に 税務会計業務・経営コンサルティングを提供しております。「木村経営ブレーン」グループが 社会のインフラとして必要な存在であり続けるにはどうしたら良いのか。 ブログを通じて日々の思考を綴っております。 私の学暦(学習暦)をご覧ください。

2009/01/02

死中に活路を見いだす

昨日の横浜は快晴。
ポカポカ陽気の中、初詣へ。
道中、高台より、富士山が見える。
CIMG2253.JPG
向かう場所は、称名寺(しょうみょうじ)。
CIMG2266.JPG
金沢(かねさわ)北条氏の祖、北条実時(1224年-1276年)が開基したという。
CIMG2260.JPG
2009年、関係各位のご健勝とご多幸をお祈りする。
CIMG2264.JPG
午後より、帰郷。
羽田空港へ向かう途中、正月恒例で、元旦の新聞を三紙、買い込む。
日経、産経、毎日新聞。(分厚いなぁ)
正月、このボリュームたっぷりの新聞をじっくり読むのが楽しみなのだ^^(歳とったと思う)
小松空港へフライトする直前、雪のため引き返す可能性有りとアナウンス。
「勘弁してほしいな」と思いつつ、到着。
周りを見渡すに、ホント銀世界やないか~い♪
さて、機中、吉川氏の三国志を読むに、その英雄達は、死中に活路を見いだしている。
安岡正篤氏の「六中観」に通ずる世界観を感じる。
六中観とは、「死中有活 苦中有楽 忙中有閑 壺中有天 意中有人 腹中有書」の世界。
死中有活(死を背にしたその中に活路を見いだす)
苦中有楽(苦しみ抜く最中に楽しみを見つける)
忙中有閑(忙しさの中で見つける心の余裕)
壺中有天(壺の中からも満天の世界に通じる)
意中有人(尊敬できる人を心の師とする)
腹中有書(己を導く座右の書を携える)

この記事へのコメントを書く

この記事へのコメントを書く

コメント



プロフィール

名前
木村 岳二(Kimura Gakuji)
年齢
1970年生まれ A型
職業
会計事務所経営
メールアドレス
g-kimura@kkb-jp.com

新着記事

最近のコメント

  • 宝在心
  • 遊魚動緑

Category

Archive

Contact Usお問い合わせ