宝在心

  1. Top
  2. ブログ
  3. 神様からひと言

「木村経営ブレーン」グループは、北陸3県の中堅・中小企業、医療介護福祉機関のお客様に 税務会計業務・経営コンサルティングを提供しております。「木村経営ブレーン」グループが 社会のインフラとして必要な存在であり続けるにはどうしたら良いのか。 ブログを通じて日々の思考を綴っております。 私の学暦(学習暦)をご覧ください。

2009/01/04

神様からひと言

荻原浩氏の「明日の記憶」を購入ついでに、「神様からのひと言」を衝動買い。



読み出すと、止まらない。
443頁を一気に読んでしまった。
サラリーマンの悲哀を痛快に笑い飛ばす佳作。
ただ、上司や役員、後継者の無能ぶり(本当、このような会社ならば、すぐに傾く)を徹底してイジリまくることで笑いを誘っている。
お客様の意見は無視し、役員や後継者はスタッフを大事にしていないし、上司は自己保身に精一杯で、部下を大事にしていない。
当社の事業発展計画書の方針とかなり食い違う点で、小説の設定ながら、この架空の会社経営に我慢ならない。
ユーモア小説なので荒唐無稽な設定は、仕方なしと理解しているつもりが、ついつい経営者の視点から見てしまい、素直に賞賛できない点がいくつかある。
もはや、職業病だな、こりゃ(笑)
さて、主人公は、有名な広告代理店に勤めていた。
しかしながら、上司に暴力をふるい、中堅食品メーカーに転職する。
そして、その転職先でもトラブルを起こし、リストラ要員の強制収容所と言われる「総務部お客様相談室」へと異動。
そこで、直属の上司から、組織の本質を教えられる。
上司は、飲み屋で、おでん鍋を見ながら、会社とは、肩書きだけで尊敬されている枠組と喝破する。
『ほら、狭いところでぐつぐつぐつぐつ煮詰まってさ、部長だ課長だ役員だなんて言ったってさ、
しょせん鍋の中で昆布とちくわが、どっちが偉いかなんて言い合ってるようなもんだ。
考えてみ、このおでん屋じゃ牛スジが一番高くて偉そうだけど、
他の食い物屋へ行けば使っちゃもらえない。
こんにゃくはここじゃ安物だけど、味噌田楽の店へ行けばエリートだよ。』
会社の組織では、自己保身のために、上司に諂い、部下には威圧的な態度をとる方もいるだろう。
『お客様の声は、神様のひと言』と金科玉条のように言えば、部下を奴隷のように扱って良いのか。
(若者ゆえの甘さは、一喝していただくのは結構。
 上司は部下に厳しく指導して頂きたいもんだが。。。)
主人公の憤りが伝わってくる。
しかしながら、読み進めるうちに、著者の暖かい心が伝わってくる。
人間の持つ可能性「希望」という光が。
ある日、著者宛に証券会社をリストラされた友人からメールが届く。
「知り合いが自殺した」と。
著者は、メールを返信する。
「死ぬな」と。
著者の会社員時代、逃げ出したくなるようなとき、同僚からよくこうアドバイスされていたようだ。
「大丈夫、死にゃしねぇよ」。
死ぬほどつらいのは生きている証拠。
大切な仲間が周りにいるじゃない。
今年から、繁忙期が終わる頃、幹部やスタッフと飲む機会を意識的に持とうと思う。
事業発展計画書やブログだけでなく、飲み会という遊び的要素を加えることにより、より価値観を伝えることができるだろう。
あぁ、飲み代のお金、別に押さえておかないと(笑)
この立場で、割り勘は要求しくにくし、第一、誘いにくい(苦笑)
あと、ブログのネタにもなるし一石二鳥だ(爆)

この記事へのコメントを書く

この記事へのコメントを書く

コメント



プロフィール

名前
木村 岳二(Kimura Gakuji)
年齢
1970年生まれ A型
職業
会計事務所経営
メールアドレス
g-kimura@kkb-jp.com

新着記事

最近のコメント

  • 宝在心
  • 遊魚動緑

Category

Archive

Contact Usお問い合わせ