宝在心

  1. Top
  2. ブログ
  3. これからの組織体運営はトップ次第

「木村経営ブレーン」グループは、北陸3県の中堅・中小企業、医療介護福祉機関のお客様に 税務会計業務・経営コンサルティングを提供しております。「木村経営ブレーン」グループが 社会のインフラとして必要な存在であり続けるにはどうしたら良いのか。 ブログを通じて日々の思考を綴っております。 私の学暦(学習暦)をご覧ください。

2009/02/10

これからの組織体運営はトップ次第

当社は、「船井財産コンサルタンツ木村経営ブレーン」として船井財産コンサルタンツグループに加盟している。
様々な情報を頂いているわけですが、船井総研の創業者の船井先生のコラムが面白い。
船井幸夫ドットコム「いま一番知らせたいこと、言いたいこと」を引用します。
『これからの組織体運営はトップ次第』2009.2.9
 金融恐慌が産業恐慌になりました。欧米ではすでに生活恐慌に突入しているようですが、日本でも今年、後半からはまちがいなく生活恐慌に入るでしょう。
 収入が減り、生活費を切りつめざるをえなくなると思います。
 このような非常時、国や企業を含めてすべての組織体は「トップ1人の力で99.9%決まる」ようになります。これは人種などと関係のないことです。
 その時にすばらしいトップなら絶対にしないことがらがあります。
 たとえば、2月6日のこのHP上で書いたこともその一つですが、次のようなことです。
1.親しい人、客などに損をさせない。
2.何があっても会社の赤字を減らそうとする。赤字の増えることは絶対にしない。
3.バクチはしない。分らないことはしないし、部下にもさせない。
4.全ての責任を自分でとり、責任のがれをしない。
 私は、これからの非常時の経営トップに必要な10条件としてつぎの10ヵ条をあげています。国や地方公共団体などのトップも同様です。これは永年の私の経験からルール化したことです。
1.生命をかけて経営にあたり、全責任を自分でとれる人
2.バクチをしない人
3.取引先、知人、客を大事にし、それらに仕事上で損を与えない人
4.株主、客、従業員を徹底的に大事にする人
5.会社を黒字にするために常に全力投球する人
6.本業に不要なことに投資しない人
7.ポジティブ人間である人
8.学び好きで、「時流」「真実」を充分知っている人
9.儲けるのがうまい人
10.上手に委せることができる人
 ぜひこの10ヵ条を知っておいてください。これは日本人には、やりやすい条件なのです。だから、これから、日本人の心がけ次第では日本の時代が来るだろうと思えるのです。
                               =以上=

この記事へのコメントを書く

この記事へのコメントを書く

コメント



プロフィール

名前
木村 岳二(Kimura Gakuji)
年齢
1970年生まれ A型
職業
会計事務所経営
メールアドレス
g-kimura@kkb-jp.com

新着記事

最近のコメント

  • 宝在心
  • 遊魚動緑

Category

Archive

Contact Usお問い合わせ