宝在心

  1. Top
  2. ブログ
  3. 苦難にある者たちの告白

「木村経営ブレーン」グループは、北陸3県の中堅・中小企業、医療介護福祉機関のお客様に 税務会計業務・経営コンサルティングを提供しております。「木村経営ブレーン」グループが 社会のインフラとして必要な存在であり続けるにはどうしたら良いのか。 ブログを通じて日々の思考を綴っております。 私の学暦(学習暦)をご覧ください。

2009/04/02

苦難にある者たちの告白

2月に、役職が変わってから、私にとっては、難しい問題が続出している。
そう、試されているかごとく。
この試練をどう立ち向かうか。
今日、キーマンネットワークの中島氏もこの詩をアップしていましたが、私も、自分自身を励ますため、この詩をブログに記載しよう。
ニューヨーク大学のリハビリテーション病院の壁にあるという「苦難にある者たちの告白」。
日本語、英語ともに含蓄のある力強い言葉です。
「苦難にある者たちの告白」
-ある患者の詩-
「大きなことを成し遂げるために 力を与えてほしいと神に求めたのに 謙虚さを学ぶようにと弱さを授かった。
 より偉大なことができるようにと健康を求めたのに より良きことができるようにと病弱な体を与えられた。
 幸せになろうとして富を求めたのに 賢明であるようにと貧困を授かった。
 世の人々の称讃を得ようとして権力を求めたのに 得意にならないようにと失敗を授かった。
 求めたものはひとつとして与えられなかったが 願いはすべて聞き届けられていた。
 言葉に表されていない祈りが叶えられていたのだ。
 ああ、私はあらゆる人の中で最も豊かに祝福されていたのだ。」
「A CREED FOR THOSE WHO HAVE SUFFERED」
「 I asked God for strength, that I might achieve
I was made weak, that I might learn humbly to obey…
I asked for health, that I might do greater things
I was given infirmity, that I might do better things…
I asked for riches, that I might be happy
I was given poverty, that I might be wise…
I asked for power, that I might have the praise of men
I was given weakness, that I might feel the need of God…
I asked for all things, that I might enjoy life
I was given life, that I might enjoy all things…
I got nothing that I asked for — but everything I had hoped for
Almost despite myself, my unspoken prayers were answered.
I am among all men, most richly blessed! 」
 

この記事へのコメントを書く

この記事へのコメントを書く

コメント



プロフィール

名前
木村 岳二(Kimura Gakuji)
年齢
1970年生まれ A型
職業
会計事務所経営
メールアドレス
g-kimura@kkb-jp.com

新着記事

最近のコメント

  • 宝在心
  • 遊魚動緑

Category

Archive

Contact Usお問い合わせ