宝在心

  1. Top
  2. ブログ
  3. 下剋上の時代

「木村経営ブレーン」グループは、北陸3県の中堅・中小企業、医療介護福祉機関のお客様に 税務会計業務・経営コンサルティングを提供しております。「木村経営ブレーン」グループが 社会のインフラとして必要な存在であり続けるにはどうしたら良いのか。 ブログを通じて日々の思考を綴っております。 私の学暦(学習暦)をご覧ください。

2010/02/15

下剋上の時代

≪なぜ、人によって態度を変えないのか≫
私がなぜ、昨日入社したスタッフの方に対してさえも敬語を使うか不思議な方も多いようです。東京の修業時代、周りの先輩もすべて敬語でした。なぜか。とくに外資系は下剋上であり、今日の上司は、明日の部下だからです。だから、偉そうに振る舞っていた上司が、翌日、部下となった当惑を実際に目撃し、「明日は我が身」と強烈に体感したのでした。実力主義の徹底が言葉使いにも影響したのですね。毎日、強烈な緊張感で過ごしたことが私の原体験です。
≪経営者の心構え≫
オーナー色が強ければ強いほど、絶対に解雇されないという慢心があり、長所よりもむしろ弊害があると私は思います。上場会社は株主が監視するけれども、未上場会社の経営者は野放図。将来の戦略が描けない赤字会社は、すぐ廃業すること。こういう指導が今、会計事務所に求められています。
経営者に降格はありません。会社がなくなるわけですから。倒産が続く厳しい時代だからこそ、「明日は我が身」とお客様にも指導できればと思います。
私は、将来の成長を描けなくなった時点で社長の資格はないと自戒しております。ここで、成長とは、売上や利益といった数値目標だけでなく、社会的にもきちんと役割のある会社を目指すということ。これから、能力だけでなく、高い思想を学んでいきます。

この記事へのコメントを書く

この記事へのコメントを書く

コメント



プロフィール

名前
木村 岳二(Kimura Gakuji)
年齢
1970年生まれ A型
職業
会計事務所経営
メールアドレス
g-kimura@kkb-jp.com

新着記事

最近のコメント

  • 宝在心
  • 遊魚動緑

Category

Archive

Contact Usお問い合わせ