宝在心

  1. Top
  2. ブログ
  3. 自分の命の使い方

「木村経営ブレーン」グループは、北陸3県の中堅・中小企業、医療介護福祉機関のお客様に 税務会計業務・経営コンサルティングを提供しております。「木村経営ブレーン」グループが 社会のインフラとして必要な存在であり続けるにはどうしたら良いのか。 ブログを通じて日々の思考を綴っております。 私の学暦(学習暦)をご覧ください。

2011/01/24

自分の命の使い方

星野富弘さんの詩を紹介させていただきます。
「命が
 いちばんだと思っていたころ
 生きるのが苦しかった
 いのちより
 大切なものが
 あると知った日
 生きているのが
 嬉しかった」
(星野富弘作・おだまき(いのち)/書籍『鈴の鳴る道』/絵はがき集 第2集 収録)
この詩を初めて聞いた時、不覚にも泣いてしまったわけです。
苦しい時は、矮小な自己保身のため、もがいている場合が多いと自分自身思い当ったからです。
自分の命は、周囲の皆様に自分のできることを与えて「ありがとう」と言っていただくことに使おうと改めて思いました。
二宮尊徳の「たらいの水」を御存じでしょうか。
「たらいの水」
「欲を起こして水を自分の方にかきよせると、向こうに逃げる。
人のためにと向こうに押しやれば、わが方にかえる。
人の幸せも、物質も、お金も みんな同じである。」
二宮尊徳の報徳思想(ほうとくしそう)は、経済と道徳の融和を訴え、私利私欲に走るのではなく社会に貢献すれば、いずれ自らに還元されると説いております。
「他が生かされる道は、我が生きる道なり」
会社の目的は、ここにあり、その目的を実現するために目標があります。
前回でも触れましたように、目的と目標を混同してはいけいないと自戒しております。

この記事へのコメントを書く

この記事へのコメントを書く

コメント



プロフィール

名前
木村 岳二(Kimura Gakuji)
年齢
1970年生まれ A型
職業
会計事務所経営
メールアドレス
g-kimura@kkb-jp.com

新着記事

最近のコメント

  • 宝在心
  • 遊魚動緑

Category

Archive

Contact Usお問い合わせ