宝在心

  1. Top
  2. ブログ
  3. 仕事の実戦録 Part3

「木村経営ブレーン」グループは、北陸3県の中堅・中小企業、医療介護福祉機関のお客様に 税務会計業務・経営コンサルティングを提供しております。「木村経営ブレーン」グループが 社会のインフラとして必要な存在であり続けるにはどうしたら良いのか。 ブログを通じて日々の思考を綴っております。 私の学暦(学習暦)をご覧ください。

2011/12/26

仕事の実戦録 Part3

第38期(平成24年度)事業発展計画書にも記載した、「ほんもののコンサルタントになる本」(本郷尚先生著)からベスト50について解説したいと思います。
(1~10に続き。。。)
11 個人のお客様との話には、時間とゆとりをもたせる
お客様と面談しているときは、お客様だけの時間と感じてもらいましょう。
⇒お客様と面談している時は、その時間、そのお客様に集中します。電話も緊急以外、でないようにしています。
自分自身の経験があり、徹底するようにしました。きっかけは、散髪屋のカットでのこと。カットして頂いている方と楽しく会話していますが、当然、他のお客様もいます。談笑の後、別のお客様へと移っていくと、何か寂寥感が漂います。ですから、その瞬間はお客様だけ。
12 対応している一瞬一瞬が勝負である
信頼をなくさないように、心を込めた対応を心がけましょう。
⇒お客様の中には、あらゆる質問をする方もおりまして、どこから弾が飛んでくるかわかりません。そこは、大局観で大きな地図を作製しながら、目的地へ誘導していきます。神経を集中しながら、お客様の立場に立って聴きます。
13 こまめな中間報告で不安を取り除く
お客様には経緯、経過、問題点等、随時報告することが重要です。
⇒お客様は納税額など資金繰りがうまくいくかどうか不安。とくに相続税などは、中間報告が大事なことかと思います。
14 お客様は「結論」が知りたい
ずばり結論を先に言うことにより、喜ばれ信頼されます。
⇒まずは、結論からが基本でしょうね。
15 選択肢だけでなく、プロの見解を示す
プロとしての意見・見解を示し、お客様の不安を払拭してあげましょう。
⇒いくつかメニューを提示するよりも、これがベストと言える解決案をずばり提示。
(終わり)

この記事へのコメントを書く

この記事へのコメントを書く

コメント



プロフィール

名前
木村 岳二(Kimura Gakuji)
年齢
1970年生まれ A型
職業
会計事務所経営
メールアドレス
g-kimura@kkb-jp.com

新着記事

最近のコメント

  • 宝在心
  • 遊魚動緑

Category

Archive

Contact Usお問い合わせ