宝在心

  1. Top
  2. ブログ
  3. 記録することの大事さ 2021

「木村経営ブレーン」グループは、北陸3県の中堅・中小企業、医療介護福祉機関のお客様に 税務会計業務・経営コンサルティングを提供しております。「木村経営ブレーン」グループが 社会のインフラとして必要な存在であり続けるにはどうしたら良いのか。 ブログを通じて日々の思考を綴っております。 私の学暦(学習暦)をご覧ください。

2021/09/12

記録することの大事さ 2021

先日、朝礼の司会担当となり、「職場の教養」の感想を述べる機会があった。

テーマは「国際識字デー」。

その日の感想を以下抜粋します。

 

今、浅田次郎氏の「中原の虹」を再読中である。

言わずもがな、「蒼穹の昴」シリーズである。

 

中国の清時代から外国列強に侵略されるあたりが記述されています。

明時代の崩壊時、満州族が乗り込み、漢族を支配する。

満州族は狩猟民族、漢民族は農耕民族であり、漢字を大事にしてきた。

その漢字文化が日本にも輸入された。

 

文字が必要か否か。

記録することの大事さ。

毎年、事業発展計画書を作成しているが、狩猟民族の満州族であれば、そんなものは必要ない。

奪ってしまえと短期的目標に終始するかもしれない。

種をまき、収穫するという発想がそもそもない。

 

私は、長期利益の実現が経営であると信じていますので、計画書を作成し、「仮説と検証」を繰り返しています。

文字で記録することの意義を信じております。

この記事へのコメントを書く

この記事へのコメントを書く

コメント



プロフィール

名前
木村 岳二(Kimura Gakuji)
年齢
1970年生まれ A型
職業
会計事務所経営
メールアドレス
g-kimura@kkb-jp.com

新着記事

最近のコメント

  • 宝在心
  • 遊魚動緑

Category

Archive

Contact Usお問い合わせ