Blog

宝在心

「木村経営ブレーン」グループは、北陸3県の中堅・中小企業、医療介護福祉機関のお客様に 税務会計業務・経営コンサルティングを提供しております。「木村経営ブレーン」グループが 社会のインフラとして必要な存在であり続けるにはどうしたら良いのか。 ブログを通じて日々の思考を綴っております。 私の学暦(学習暦)をご覧ください。

  • 商いの道

    2009.05.13

    伊藤 雅俊著「商いの道―経営の原点を考える」を再読する。
    51J2NFGQQSL._BO2,204,203,200_PIsitb-sticker-arrow-click,TopRight,35,-76_AA240_SH20_OU09_
    職業会計人は、プロフェッショナルであって商人ではない。
    イトーヨーカドーやセブン-イレブンを中心とするイトーヨーカドー・グループの創始者から、経営の原点を学んでいる。
    「王様が誰だかわからない時こそ、国がよく治まっている時だ」など至言が満載だ。
    「お上意識を持たない」(125頁)でハッと息をのむ。
    (引用開始)
    お上意識を持った人は、・・・一人称ではなく三人称で発言します。
    例えば、「私がやります」ではなくて、「社員はやるべきである」というようになるのです。
    ・・・しかし、三人称は商人の姿勢ではありません。
    ・・・「あの人」といった三人称的な冷ややかな姿勢・・・高飛車な姿勢は商いに禁物です。
    (以上)
    むむっ。。。
    普段、頻繁ではないが、「あの人」を活用しているので、「ハッ」とする。
    プロフェッショナルは、三人称で語ることが多い。
    私は、プロフェッショナルであると同時に、商人だ。
    以後、気をつけようと思う。(反省)

  • この記事へのコメントを書く



Contact

弊社へのご相談は

下記からお問い合わせください。

  • フォームでお問い合わせの場合
    お問い合わせフォーム
  • 電話でお問い合わせの場合
    TEL.076-260-1666 対応時間 平日09:00~17:30