Blog

宝在心

「木村経営ブレーン」グループは、北陸3県の中堅・中小企業、医療介護福祉機関のお客様に 税務会計業務・経営コンサルティングを提供しております。「木村経営ブレーン」グループが 社会のインフラとして必要な存在であり続けるにはどうしたら良いのか。 ブログを通じて日々の思考を綴っております。 私の学暦(学習暦)をご覧ください。

  • 「優しくなければ他人の長所を見つけることはできない~ある小学校の朗唱」

    2011.08.08

    「優しくなければ他人の長所を見つけることはできない~ある小学校の朗唱」
    私たち会計事務所は、毎月、お客様に出向き、正確な月次データに基づいてお客様の経営成績を解説し、決算対策と納税予測をしております。
    毎月の訪問のなかで、我々プロフェッショナルスタッフは、経営者の方と話をします。
    聴けば、ほとんどの経営者は、人の問題で悩んでおります。
    「人の育て方」の方向性の一つとして、吉田松陰先生の言葉が参考になるのではないでしょうか。
    今週よりシリーズで書きたいと思います。
    1.ある小学校の朗唱
    山口県萩市の明倫小学校では、毎朝、吉田松陰先生の言葉を素読しています。
    例えば、3年生三学期は、「長所を伸ばしていこう!」という趣旨の言葉を朗唱します。
    「人賢愚(ひとけんぐ)有りと雖(いえど)も 各々一二(おのおのいちに)の才能なきはなし 湊合(そうごう)して大成する時は必ず全備(ぜんび)する所あらん」
    (人にはそれぞれ能力に違いはあるけれども、誰も一つや二つの長所を持っているものである。
    その長所を伸ばせば、必ず立派な人になれるであろう。)
    毎朝、明倫小学校の3年生は、3学期中、人はそれぞれ長所があり、それを伸ばしていこうと毎朝、繰り返し、繰り返し、朗唱しています。
    含蓄ある素読は、素晴らしい教育だと思います。
    (続く)

  • この記事へのコメントを書く



    This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Contact

弊社へのご相談は

下記からお問い合わせください。

  • フォームでお問い合わせの場合
    お問い合わせフォーム
  • 電話でお問い合わせの場合
    TEL.076-260-1666 対応時間 平日09:00~17:30