Blog

宝在心

「木村経営ブレーン」グループは、北陸3県の中堅・中小企業、医療介護福祉機関のお客様に 税務会計業務・経営コンサルティングを提供しております。「木村経営ブレーン」グループが 社会のインフラとして必要な存在であり続けるにはどうしたら良いのか。 ブログを通じて日々の思考を綴っております。 私の学暦(学習暦)をご覧ください。

  • 経営の教科書とメモの重要性

    2011.10.24

    「嫌な思いというのは、自己中心主義の度合いに比例する。」
    (新将命著 経営の教科書―社長が押さえておくべき30の基礎科目 81頁)
    41MWD9DH5xL__BO2,204,203,200_PIsitb-sticker-arrow-click,TopRight,35,-76_AA300_SH20_OU09_.jpg
    この一文を目にし、新氏は本物だと「経営の教科書」を読み進めました。
    私は、男女問わず、信念を持つ熱い人が好きです。
    そういう意味で、情熱度は非常に大事な指標と考えています。
    新氏は、その著書の51頁で、「会社の情熱度を測る三つの方法」をこう語っています。
    ①講演会や勉強会で前の席から埋まること。
    ②講演会や勉強会を聞きながら、メモを取る人が多いこと。
    ③笑いが出ること。何を言ってもシラッとして笑いが出ない会社は、心身両方或いはどっちかの「疲れ」か、目の前の仕事に必死でやっているが、会社の将来や方向性については何も知らされておらず、お先真っ暗であるという場合が多い。
    他には「何か質問は?」といわれて、どんどん手が上がること。
    メモをとることの重要性については、折を見て説いてまいりましたが、先日のある研修会で強烈に痛感しました。
    新人だと思われる方が一番前に座って、メモをとるどころか腕を組んで聴いていました。
    久方ぶりに唖然としたわけです。
    オイオイと突っ込みを入れる前に、ハタと当社はどうかと振り返りました。
    この3点を徹底し事業計画書に反映したいと考えています。

  • この記事へのコメントを書く



Contact

弊社へのご相談は

下記からお問い合わせください。

  • フォームでお問い合わせの場合
    お問い合わせフォーム
  • 電話でお問い合わせの場合
    TEL.076-260-1666 対応時間 平日09:00~17:30