宝在心

  1. Top
  2. ブログ
  3. 楽観的に行きましょうか

「木村経営ブレーン」グループは、北陸3県の中堅・中小企業、医療介護福祉機関のお客様に 税務会計業務・経営コンサルティングを提供しております。「木村経営ブレーン」グループが 社会のインフラとして必要な存在であり続けるにはどうしたら良いのか。 ブログを通じて日々の思考を綴っております。 私の学暦(学習暦)をご覧ください。

2009/01/07

楽観的に行きましょうか

朝の日課は、この「職業会計人の激白ブログ」を書くことであるが、同時に、アクセス数のチェックも怠らない。
昨日のアクセス数が激増している理由を推考するに、木村所長の金沢大学での講義も一つの要因であろう。
さて、昨日、月刊「税理」2009年リニューアル版「整形外科」につき、盟友「事務長かっちゃん」に指導をお願いしていたペーパーが昨日のお昼ごろに届く。
なんというスピード、そして充実した内容。
現役事務長を友に持つ有難さに、嬉しさを隠せない。
「かっちゃん」方面に手を合わせ、頭を下げる。
また、MMPG所属京都の大手所長先生からも、1月の新年会につきお電話いただき、この「税理」の話題に及ぶ。
どうも、私の窮状はブログを見て知っていたようだ。
冗談口調とはいえかなり真剣に、「皮膚科」の執筆をご依頼するも、先生も「税理」より執筆を依頼されているとのことで、逆に窮状をご説明頂く。
聞けば、社会医療法人を実際立ち上げたことから、「社会医療法人」の項目を担当し、書きあげるのに苦労しているようだ。
そこで、事務局に昨日の件につき連絡したところ、「皮膚科」は、先輩の先生が代打執筆のこと。
すべてうまくいく。
午前中は、年始ご挨拶で、お客様2件をご訪問。
私の結婚式以来のお客様にも会うことが出来き、近況をご報告する。
午後は、中途採用の役員面談。
所長の事業に関する考え方を改めて、聞く機会を得た。
事業を通じて、自分以外の他人の幸福に貢献する。(宗教ではないよ!)
仕事を通じて、社員・お客様・取引先・税理士会・社会に貢献していく。
そうだ!その通りだ!!
最近、採用試験・面談を幹部へ委ねている。
その過程で、幹部と「採用の考え方」につき、価値観が同じではないことに気づき、再考する。
事業発展計画書に盛り込むか否か、検討中。。。
ただ、それだけでなく、私の指導力が問題なのかもしれぬ(苦笑)
今後、仮に会社の執行を委ねる場合、考え方・価値観が異なるのは経営にとって致命的。
私がある時点から採用したスタッフも、この基準では「全員不合格ではないか」とさえ思う(笑)
仮に不合格であれば、今の事業は成り立たなかったかもしれない。
優秀な人材こそ事業発展の礎。
機会損失は避けたいところだ。

この記事へのコメントを書く

この記事へのコメントを書く

コメント



プロフィール

名前
木村 岳二(Kimura Gakuji)
年齢
1970年生まれ A型
職業
会計事務所経営
メールアドレス
g-kimura@kkb-jp.com

新着記事

最近のコメント

  • 宝在心
  • 遊魚動緑

Category

Archive

Contact Usお問い合わせ