宝在心

  1. Top
  2. ブログ
  3. 北京国際会議終了

「木村経営ブレーン」グループは、北陸3県の中堅・中小企業、医療介護福祉機関のお客様に 税務会計業務・経営コンサルティングを提供しております。「木村経営ブレーン」グループが 社会のインフラとして必要な存在であり続けるにはどうしたら良いのか。 ブログを通じて日々の思考を綴っております。 私の学暦(学習暦)をご覧ください。

2009/03/22

北京国際会議終了

昨日、北京から無事に帰って参りました。
ありがとうございます。
機内で、北京での様子を瞼に映してみる。
経済成長著しい、可能性のある中国。
車の数が年々増加し、自転車の姿はあまり見なかった。
そのため、交通渋滞が深刻な問題となっている。
国の政策として、たとえば金曜日、車のナンバーの下1桁の数値が0と5に該当する場合、その車は走ることができないとルール化した。
その日、車通勤すると、違反とみなされ罰金が科される。
そういう規制があるにもかかわらず、渋滞は激しさを増す。
中国の人々が生活の豊かさを欲するとき、そこに大きな消費大国が眼前に現れるようだ。
さて、機内で微睡んでいると、関西国際空港に定刻通り20時に到着する。
関西空港駅から新大阪まで「はるか56号」で乗り継ぎ、そこからから米原まで「こだま696号」を利用する。
米原から「しらさぎ65号」で金沢駅を目指す。
日付が変わる頃、ちょうど小松あたりを通過。
0時40分頃、金沢駅へ到着する。
その電車の中で、東野圭吾氏の「宿命」を完読。
東野氏の作品は、プロットが精緻であり、単なるミステリーではない。
お薦めだ。



(内容)
高校時代の初恋の女性と心ならずも別れなければならなかった男は、苦闘の青春を過ごした後、警察官となった。
男の前に十年ぶりに現れたのは学生時代ライバルだった男で、奇しくも初恋の女の夫となっていた。
刑事と容疑者、幼なじみの二人が宿命の対決を果すとき、余りにも皮肉で感動的な結末が用意される。

この記事へのコメントを書く

この記事へのコメントを書く

コメント



この記事へのコメント

  • 木村先生
    名南の篠田でございます。
    北京ではご高説を賜り大変勉強となりました。
    ありがとうございました。
    今後ともよろしくお願い申し上げます。
    ブログ初拝見しまして、木村先生のパワーを改めて感じております。

  • 中国ご出張お疲れ様でした。お帰りなさい。
    またお土産話を聞かせてください。
    大変お疲れでしょうが、本日お会いできること楽しみにしております。

プロフィール

名前
木村 岳二(Kimura Gakuji)
年齢
1970年生まれ A型
職業
会計事務所経営
メールアドレス
g-kimura@kkb-jp.com

新着記事

最近のコメント

  • 宝在心
  • 遊魚動緑

Category

Archive

Contact Usお問い合わせ