宝在心

  1. Top
  2. ブログ
  3. 過去の強みが将来の弱みとなる 帝王学その1

「木村経営ブレーン」グループは、北陸3県の中堅・中小企業、医療介護福祉機関のお客様に 税務会計業務・経営コンサルティングを提供しております。「木村経営ブレーン」グループが 社会のインフラとして必要な存在であり続けるにはどうしたら良いのか。 ブログを通じて日々の思考を綴っております。 私の学暦(学習暦)をご覧ください。

2012/04/30

過去の強みが将来の弱みとなる 帝王学その1

GW。。。家にいて仕事しています。
何処に行っても自己実現は、私にとっては仕事です。。。
先日、帝王学として、先を考えるポイントをご教授頂き、まとめました。
1.過去の強みが未来の弱み
歴史を振り返るならば、過去の強みが未来の弱みになることがある。なぜか。制度を作った当初の状況を人間は守ろうとし、変えることができないからだ。
国家が成立する条件とは何だろうか。国家の官僚組織が参考になる。歴史的に優先順位は以下のとおりとなる。
①食糧(農林水産省)
②教育(文部省)
③医療・福祉(厚生労働省)
食糧を確保することが最優先となる。次に、教育はインドの狼に育てられた例にもあるように、国家の一大事となる。そして、医療・福祉が続く。
国家が永続するには、常に座標軸を持つことが大事である。
(続)

この記事へのコメントを書く

この記事へのコメントを書く

コメント



プロフィール

名前
木村 岳二(Kimura Gakuji)
年齢
1970年生まれ A型
職業
会計事務所経営
メールアドレス
g-kimura@kkb-jp.com

新着記事

最近のコメント

  • 宝在心
  • 遊魚動緑

Category

Archive

Contact Usお問い合わせ