宝在心

  1. Top
  2. ブログ
  3. 後継者への伝言~社長の仕事

「木村経営ブレーン」グループは、北陸3県の中堅・中小企業、医療介護福祉機関のお客様に 税務会計業務・経営コンサルティングを提供しております。「木村経営ブレーン」グループが 社会のインフラとして必要な存在であり続けるにはどうしたら良いのか。 ブログを通じて日々の思考を綴っております。 私の学暦(学習暦)をご覧ください。

2012/10/15

後継者への伝言~社長の仕事

後継者への伝言~社長の仕事


中小機構北陸事業承継コーディネーターとして、「事業承継フォーラム2012~地域でつなぐ事業承継~」に参加させて頂きました。

日時及び場所 10月12日(金)・ニッショーホール(東京都港区虎ノ門)


基調講演では、現チロルチョコ社長ご自身の事業承継の体験を拝聴しました。
その講演の中で、松尾社長が、後継者である三代目への伝言として、「社長の仕事」は何であるか。現在60代の社長が、30代のご子息に伝えたいことが3つあると言います。

1.雇用を守ること(企業が存続する礎)

2.企業の成長戦略を考えること(人・モノ・金・情報などの経営資源活用)

3.クリーンモラルの徹底(公私混同の排除)


上記の1と2は、経営の王道です。加えて、企業で大事なことは、公私混同しないことであると松尾氏は強調します。承継期から経理は親族以外の第三者であり、常に経理を明確にしておくことが経営者として重要です。

また、経営数値はガラス張りであり、賞与も業績連動。役員報酬の最高支給限度額は、減価償却費控除前の営業利益30%以内であり、赤字ならばゼロ。

こうしたクリーンモラルの具現化なしでは、社員のモラルアップは出来ません。


松尾氏の講演の真ん中には、日本の無常観が常にあったように感じました。

起きて半畳寝て一畳、天下取っても二合半(おきてはんじょうねていちじょう、てんかとってもにごうはん)。

先代から経営を引き継ぎ、後継者へ何を引き継ぐのか。
会社の壮絶なヒストリーを学び、これからのストーリーを後継者と一緒に描く。
事業承継の本質を学習させていただきました。


 

この記事へのコメントを書く

この記事へのコメントを書く

コメント



プロフィール

名前
木村 岳二(Kimura Gakuji)
年齢
1970年生まれ A型
職業
会計事務所経営
メールアドレス
g-kimura@kkb-jp.com

新着記事

最近のコメント

  • 宝在心
  • 遊魚動緑

Category

Archive

Contact Usお問い合わせ