宝在心

  1. Top
  2. ブログ
  3. アメリカ不思議体験記(2009年新春書下ろし)

「木村経営ブレーン」グループは、北陸3県の中堅・中小企業、医療介護福祉機関のお客様に 税務会計業務・経営コンサルティングを提供しております。「木村経営ブレーン」グループが 社会のインフラとして必要な存在であり続けるにはどうしたら良いのか。 ブログを通じて日々の思考を綴っております。 私の学暦(学習暦)をご覧ください。

2009/01/01

アメリカ不思議体験記(2009年新春書下ろし)

アメリカ不思議体験記(2009年新春書下ろし)
あれは、私が就職して数年経った20代後半の秋であった。
あの頃の日本は、全体が暗かったというか息苦しかった。
バブル崩壊後、日本人全員が頭をうな垂れていたのだ。
また、会社組織の人間関係で相当ストレスがあった。
なんだか、すべてが嫌になり、思いたったら鉄砲玉。
後先考えず、長期休暇をとり、旅行へ行こうと決意。
行き先は、アメリカ。
デルタ航空使って、オレゴン州のポートランドへ。
何の目的もない。
一人旅であり気楽なものだ。
そして、何日かたったある日、何処かのバーに入った。
何杯か飲んで帰ろうとしたとき、ある老婆から声をかけられた。
おもろい婆さんで、日本人と初めて話したと喜んでいた。
実際、ポートランドで買い物して、クレジットカード署名で自分の名前を書くと、漢字を初めて見たって人がほとんどだった。
話がすすむうちに、「神を感じたことあるか」とこう聞かれた。
一瞬、何かの宗教の勧誘かと思い、身構える。
アメリカで気をつけたのは「ホモ」と「ドラッグ」の2つだけれども、「宗教」も加えようかと真剣に思ったものだ。
でも、よく聞いてみると勧誘でも何でもなかった。
彼女は私に大事なことを教えてくれようとしていたのだ。
私は、彼女の問いに対し、「感じたことはない」と正直に答えた。
彼女はこう言った。
「神は、目に見えない。香りもない。触ることもできない。聞くこともできない。」
「でも、感じることができるじゃない。ちょうど、風のように。」
この瞬間、不思議なことが起こった。
本当、神様にぎゅっと抱きしめられたような感じで、もの凄く、ハートが熱くなったのだ。
私は、自然と目を瞑りながら、話を聞いていた。
真っ暗な宇宙の中で、神に抱きしめられていた。
ちょっとした放心状態だったのだろう。
目を開けたら、その婆様はトイレにでも行ったのかいなかった。
それにしても、何なんだろう今の感覚は。
しかし、いいこというなぁ。神は風の如しか。。。
バーデンダーに「婆様遅いね」と問うと、「誰ですか」と言う。
「怖いこと言わないでよ。私と話していたあの婆さんだよ。」
そしたら、そのバーテンダー。
もう一回、「知らない」と言う。
なんか、鳥肌が立ってきた。
なんだ。そうであれば、私は異国のバーでただ居眠りをこいていただけなのか。
それにしても、リアルすぎる。
私の英語が下手なだけなのかもしれない。
もう一回、バーテンダーに質問してやろう。
そう思った瞬間、バーの扉がバタンと空いて、風が入ってきた。
そして、また、あの感覚。
神に抱きしめられているような感覚でまたも放心状態となった。
今でも信じられないけれども、全部夢かもしれない。
ただ、あのバーで酒を飲んで、居眠りしていたのは事実。
信じるか信じないかではなく、感じるか感じないか。
これが、私の不思議アメリカ体験だ。
帰国後。
日本に帰って、母親から連絡がある。
「あんた、何処、行っていたのよ! 
 何度も電話連絡したのに。
 おばあちゃんが亡くなったよ。」

この記事へのコメントを書く

この記事へのコメントを書く

コメント



この記事へのコメント

  • ナトリさま
    コメント頂きましてありがとうございます。
    今年も宜しくお願い申し上げます。
    海外一人旅、イイですね。
    私も、一人の時間を大切にしています。

  • 新年明けましておめでとうございます。
    本年も宜しくお願い申し上げます。
    とても不思議な体験をされているんですね。きっと遥々アメリカまで会いに来てくださったのですね。
    私も今年、初の海外一人旅に出る予定です。先生のように何か心に残る体験ができればいいのですが。
    どうぞ良い一年お過ごしください。

プロフィール

名前
木村 岳二(Kimura Gakuji)
年齢
1970年生まれ A型
職業
会計事務所経営
メールアドレス
g-kimura@kkb-jp.com

新着記事

最近のコメント

  • 宝在心
  • 遊魚動緑

Category

Archive

Contact Usお問い合わせ